ネットで即日加入する車の保険

ネットで即日加入する車の保険

通販型の自動車保険ってどんなもの?

インターネットが普及し始めてからどれくらいの時間が経つでしょうか?

 

今まで、わざわざ足を運んだり電話をしたりして用事を済ませていたものが、今では画面の前に座ればほとんどのことができてしまう世の中となりました。

 

そのため、肥満体形の方が増えてしまったのは仕方がない事でしょう。

 

それはさておき、文化というものは便利さを追い求めながら発展してきましたので、この場合も1つの文化が進化したという見方をしてもいいかと思います。

 

時に、自動車保険もこのインターネットの普及によってかなり様変わりしました。

 

見積りを出すのもインターネット、契約をするのもインターネット、分からないことがあってそれを聞くのもインターネットと自宅に居ながらにして、パソコンや携帯電話、スマートフォン、タブレットなどの前にいれば、一連の流れができてしまうのです。

 

こういったインターネットで契約することができる自動車保険のことを俗に「通販型自動車保険」と呼ぶのですが、昔からある保険代理店で加入する自動車保険よりも最近ではこちらのほうが主流となってきています。

 

それでは、従来の「店舗型自動車保険」といわれるものと比較しながら、この通販型がどういうものか見てみましょう。

通販型の自動車保険はいつからあるの?

これまでにも自動車保険というものは当然ながらありました。

 

自動車保険に限らず損害保険というものは、国が定めた保険業法という法律に則って業務が行われています。

 

その保険業法には過去に自動車保険の保険料をある程度定める条文があり、損害保険会社ごとに大幅な保険料の差をつけることができませんでした。

 

それによって保険会社は金額ではなく、特約や付帯サービスの充実などで他社との違いを作っていましたが、それにもやはり法律が関わってくるので、昔の自動車保険というものはどこの保険会社に加入してもそれほど変わりませんでした。

 

しかし、1998年に保険業法が改正され、各保険会社が保険料を自由に設定できるようになりました。

 

これによって価格競争が始まったわけです。

 

ここで起こりうることは競争が激化することによる値崩れです。

 

しかし、保険の場合は販売する商品が一般的な商品を売るのとは違って、大きな値崩れというものは起きませんでした。

 

逆に必要なところはしっかりとお金をとりつつ、余計なものを省くことが始まったわけです。

 

余計なものというは、どの企業でも一番大きな経費となる人件費で、それを大きく省くために生まれたのがインターネットを使った通販型自動車保険なのです。

更新履歴